キャリア・自分 デザインコーチング

栃木県宇都宮市で企業(法人)向けコーチング、個人の方向けのコーチングをしている「コーチ みち」のブログです。 キャリアデザインコーチ、キャリアデザインコーチング、自分デザインコーチ、自分デザインコーチング、みち、高橋みち、コーチング、コーチ、ビジネスコーチング、仕事の悩み、人間関係、身体の不調

カテゴリ: ◆コーチングを活かす

コーチ みちです。

ゴール(欲しい未来)・目標・夢を決めて…と言われると
なんとなくモヤモヤする
なんとなくやる気がそがれる
決めることに喜びを感じない
 等
というようなネガティブな気持ちになることはありませんか?
実は・・・私は何度か感じたことがあります(笑)

このネガティブな気持ちの裏側には
ゴールを決めたら、
(今よりも)
頑張らないといけない
無理をしないといけない
やりたくないことをやらないといけない

という気持ちがあるからなんですね。
それではゴール設定をしたくない(やる気がおきない)
という気持ちがでて当然です。


このような気持ちが出てきたら…
ゴール設定は一時置いておいて
「今の自分のやりたいことはなにかな?」
と考えていただきたいと思います。
例えば、寝る、本を読む、旅行に行く、大切な人に会うなど
色々あると思います。
それをまずはやってみましょう。
そしてそのリラックスしている自分の状態で
「どんな自分だったら未来が楽しいか?」を考えてみてくださいね。OCIGUT02
ゴール設定でネガティブな気持ちになってしまったときのチェックポイント
①心や身体に疲れが溜まっていないか
自分がやりたいことか(周りから言われたことじゃないか)
まずはこの二つをチェックしていただきたいです。

そして
あなたが未来の自分を思い浮かべた時に
やりたくて仕方がないと思えるような
楽しくて
燃えて
安心できて
誇らしいなどの
ポジティブな気持ちになるゴール

見つけ出していきましょう!


コーチ みち


人気ブログランキングへ

あなたはお客様や上司、友人などから
褒められたときに、どう答えますか。
いやいや、そんなことありませんよ
まだまだですよ
そうですか(馬鹿にしているのか?)

謙遜したり、言葉の裏を考えたりしていませんか?

相手からのお褒めの言葉を
『贈り物』として考えると
謙遜するという事は
いやいや私は受け取れるような人間ではないので、結構です!
言葉の裏を考える事は

何が入っているのか分からないので、結構です!
と言って「受け取らない」という行為と同じです。
ちょっと残念ですね。

誰かからお褒めの言葉を頂いた時は
是非、その言葉のまま受け取りましょう。
直接受け取るなんてできない!というなら
「ありがとうございます。」
と受け取ってから
「○○さんにご協力いただいたお陰です」
と感謝の気持ちを重ねればいいですよね。

相手の言葉に裏を感じるならば、
言葉どおりに受け取るだけ、
裏なんて考えなくていいですね。
本当の気持ちを知っているのは相手だけですので
裏を考えるのは全くの無駄です。
O6VK5L0 (640x427)
お褒めの言葉は
相手があなたの為に選んでくれた贈り物です。
有難くいただきましょう。

そして、その言葉を
エフィカシー(自分の能力に対する自分の評価)を高める素材として
使ってしまいましょう。
※エフィカシーについては、こちらの記事もご参照ください。



人気ブログランキングへ

長い長いトンネルの中にいるようだ
出口が見えない・・・

と、もし思ってしまったら・・・
抜け出せないトンネルにいるようにしか見えません。
または、会社で
もうこれ以上の改善は無理だ
この実績をあげるのは無理だ
こんなことをしてもなんの意味もない

なんて思って仕事をしていては
無理な事、無意味な事しか見えません。

そこから抜け出したいなら
これまでと違う事を取り入れること
抜け出すことに繋がります。
これまで抜け出せなかったのであれば、
これまでと違う事をした方が抜け出せるかもしれませんよね。

これまでと違う事とは、
知る、みる、感じること
等です。
新しい情報を得てみる
いつも相談しない人に相談してみる
上手くいっている人と話してみる
社長、部下、クライアントなどの別の目線でみる
いつもとは違う行動をしてみる 等
6349
これまでと違う事をすると
これまでと違うものが見えるようになります。
見えるものが変わることで、
出口がグンと近くになるかもしれないし、
近道が見えるかもしれない、
実はトンネルなんてなかったのかもしれない、
より良い方法に気が付くかもしれない。


自分をできない人間だと思う前に
「違う目線があるのかもしれない」
と思っていただくことで
新しいものが見え
そこから抜け出せると思います。



人気ブログランキングへ

先日クライアント様からいただいた質問を
こちらでも共有させていただきたいと思います。


Q.よく何かを変えるときは外見から変えましょう。
または、形から入りましょう。
なんて言いますよね。
それってコーチングからみてどうなんですか??
OAYT680 (640x427)
A.そもそも順番が逆です。
「何かを変えたい」、「はじめたい」という
内側の『変化を求める気持ち』が変えることにつながったという事です。
内面に変化が無ければ、
外見を変えたり、
何かをはじめる為に形から入る
という気持ちにならないからです。


資格を取得したい(自主的に)
髪を切りたい
部屋の模様替えをしたい、引っ越したい
お財布を変えたい
 等の
「何かを変えたいという欲求」は
内面に変化があったことを示している
と言われています。
これまでの自分とは違う自分になりたい!という
あなた自身からのメッセージかも。

そんな時は
自分からのメッセージに従ってみるのも面白いですね。
後から振り返ってみたら、
あの時がターニングポイントだった!
(変えることを)決断できたことがエネルギーになった!

なんていう事があるかもしれませんよ。



人気ブログランキングへ

コーチング強化週間9日目

前回の「」で
セミナーや自己啓発あるあるとして
数日たつと、
セミナー前に戻ってしまう
より自信をなくしてしまった 

講師に対してモヤモヤを感じてしまった など
ということがよくあるとお伝えし、
「講師に対してのモヤモヤの原因」について書きました。
今回は
内容が良かった、これは変われる!
この講師のようになりたい!
セミナーの内容を活かしていくぞ!

と、思いながら帰ってきたのに
長続きしない仕組みについてです。

なぜ長続きしないのか?
それは
「やれるぞ!」というモチベーションを引き出したのが講師だからです。

残念ながら、モチベーションはストックすることができないのです。
そして、自分ではモチベーションを引き出すことができていなかったので、
モチベーションが下がってしまったのですね。
ですから、
セミナーに参加してモチベーションが一時的に上がったとしても
時間が経つにつれ
熱意が薄れ、続かなくなっていまう。
さらに、
続かない自分に対して「出来ない人間」というレッテルを貼り
自信をなくしてしまいます。
このようなことがよくあります。

そう考えますと、
続かないことで自分を「出来ないダメな人間」として見る必要ありませんよね。
ただモチベーションが上がっていないだけ
ですから。
ですので、
セミナーや自己啓発で
新たな情報を得る事ができたのに、
その情報を活かすことができなかったり
参加する前よりも自信を失ってしまうなんて
モッタイナイと思いませんか?

では、どうしたらいいのか?
講師(他人)からモチベーションをあげてもらっても続かないなら
自分自身でモチベーションをあげることです。
不可能を可能にする-1
モチベーションあげるには
「こうなりたい自分」を自分で認識し、
「こうなりたい自分」になれる自分だと思うこと。
そして、
『「こうなりたい自分」なら今何をしているだろうか?』を考え行動すること
です。

あなたはできる、その価値がある。
そのことを疑う必要はないのです。



人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ