キャリア・自分 デザインコーチング

栃木県宇都宮市で企業(法人)向けコーチング、個人の方向けのコーチングをしている「コーチ みち」のブログです。 キャリアデザインコーチ、キャリアデザインコーチング、自分デザインコーチ、自分デザインコーチング、みち、高橋みち、コーチング、コーチ、ビジネスコーチング、仕事の悩み、人間関係、身体の不調

カテゴリ:◆コーチングを活かす > ┗マインドの使い方

今回は、エフィカシーについて

これまでも記事にはしているのですが、
エフィカシーという言葉はだしていませんでした。
なぜかと言いますと、
とっても大切で
コーチングとは切り離せないものですが、
誤解されやすい言葉だと思うからです。
ですので
エフィカシーという言葉を使わず、
エフィカシーについての記事を書いてきました。


先日の「
でも書きましたが
エフィカシー(Efficacy)は心理学用語で、
自己効力感自己肯定感と訳されます。
ちょっと分かり難いですね。
簡単に言えば
自分の能力に対する自分の評価ということでしょうか。

自分の評価なんて意味ない
と思ったら大間違いなのです!
実は・・・この
エフィカシーの高さでしか結果が出ない
のです。
仕事も人間関係も趣味もすべて

あなたは何かを始めようとする時
自分にできるか不安だな
自分には出来ない
失敗したらどうしよう
など
思ってしまいませんか?
諦めてしまっていませんか?

なぜ不安に思ったり、諦めてしまうのでしょうか?
自分は自信がないから・・・やめておこう
という気持ちではないでしょうか。
自分には出来そうにないという評価
を自分でしているともいえますよね。

この(無意識にでも)自分でしてしまっている
出来そうだ or 無理そうだ
という評価がエフィカシーです。

このエフィカシーが低いと
本当はあなたに出来る事なのに、
自分に自信がないばかりに諦めてしまう。
または、行動できない、行動してもすぐに諦めてしまう。
すると
それがまたエフィカシーが下がるに原因なり・・・
という繰り返しになってしまいます。
とても残念でモッタイナイ
あなたの持っている力が発揮されないなんて!
OBFD7G0 (640x427)
このエフィカシーですが
能力が高ければいいというものでもなく、
自分をただ単に過大評価すればいいというものでもありません。

ここが難しい所でもありますので、
今後じっくりこちらのブログでも書いていきたいと思います。

今回は、エフィカシーとは?についてでした。


人気ブログランキングへ

今回は「比較すること」について

先日、をあげましたが
他の人と比較をするということは
無駄に自分から自信を失わせる事になりますよね。
本当に簡単に、小さなことで、です。
例えば・・・
あの人は上手く仕事をこなすことができるのに、なぜ自分はできないのか?
あの人はああなのに、なぜ自分はこうなのか?

更にもう1つ
他の人と比較をすることで
自分の自信を保つ。ということもやりがちです。
あの人よりこうだから、自分は凄いんだ。等

こう見ると
他人と比較し、自分や相手を卑下することは
マイナスにしか働きませんよね。
両方とも自分に自信が無いことが透けてみえます。

自分はいつも悩んでいる。
自分ばっかり貧乏くじだ。
自分はいつも失敗するからやりたくない。
周りはダメな人ばかりだから自分がいないと。
周りは理解できないから言っても無駄。
あの人はいつも失敗するから自分がやらねば。

自分さえよけばという考えになり
自己中心的な見方でしか自分や周りをみることができなくなる

そうなると私たちの脳はそういうものしか見えなくしてしまいます。
見えなくなってしまうと
自分(相手)の成長を止めることにもなりかねません。

ですので
お互いをオンリーワンの存在として認めることが
これまで無意識に自分に掛けていた
『自分(周りの人)はダメな人』という
必要のないフィルターを外す事に繋がります。
このフィルターを外すことで
今まで見えていなかった物が見える
ようになります。
573
実は…
自分も相手も『オンリーワン』と認めることが
コーチングでいう「エフィカシー」を高めることに繋がります。
エフィカシーが高くないとオンリーワンと認められないともいいますが…

エフィカシー(Efficacy)は心理学用語で、
自己効力感、自己肯定感と訳されます。

エフィカシーはとても重要なものですので
次回は、エフィカシーについてふれたいと思います。


人気ブログランキングへ

今回は、「脳に宿題を与える」ということについて


私達の持っている脳は、常に働いています。
私達が起きている時はもちろん、寝ている時もです。
そして、私達が意識して出来ること以外についても
対応したり、準備したり、考えているのです。
例えば、食べ物を消化したり、血液を流したり、心臓を動かしたり等

沢山の処理をしている脳ですが、
実は疲れることはないそうです。
さらに、まだまだ能力を使いこなせていないようです。
こんなに働き者で疲れも無い「脳」を
このまま手持ち無沙汰にしておくのは
モッタイナイ!!

と思いませんか?
OAI4ZT02
私のおすすめは
「脳」に宿題を与える事です。
「常に考え続けろ!」ということではありません。
無意識に考えさせるのです。

アイディアや導き出したい答え等
自分は何を知りたいのか?導き出したいのか?を
脳に宿題として与えておくと
私たちの良くいうインスピレーションとして
答えを教えてくれます。

脳は、出された宿題をこなそうとずっと考え続けるからです。
それは私たちの意識していない「無意識」で!

もちろん頭をひねって、机で考え続けて
捻出してもいいかもしれません。
しかし、脳はリラックスしていないと
クリエイティブに働くことができませんので
答えを導き出しにくい場合もあるでしょう。

ですので、
脳を効率的に働かせるためにも
「脳」に宿題をだし、
空いた時間には別の事をしたり、
のんびりしてはいかがでしょうか?




人気ブログランキングへ

今回は
「変わりたいけど変われない」ということについて

変わる・変わらない
で言いますと
「変わりたい」と思った時点で変わっています。

しかし、目に見える変化が無いために
どうして私は変われないのか?
続けることができないのか?
結果が出ないのか?
身につけることができないのか?
と、思ってしまいます。

そう思ってしまっているから
「(少しでも)変わっている自分」が見えなくなっているのです。
6349
「変わりたい」と思う前のあなたとは変わっています。
今の現状に不満を持ち
「変わる事」を求めたあなたは
一年前、一週間前、昨日、一時間前と比べ変わった
はずです。
とりあえずは
「変わろうと思った自分」を褒めてあげましょう。
変わろうと思う気持ちが無いとなにも始まらないのですから!

自分自身の変化を認めた上で
どんなあなたを求めているのか?
決めていきましょう。



人気ブログランキングへ

今回は、
過去の出来事を後悔する気持ちについて。

以前に記事にした

でもご紹介したクライアント様のご感想と合わせて紹介します。
※掲載の許可はいただいております。
1733-1
先日、転職先を決められたS様。
決まってすぐにご連絡いただき
「決まりました!これまで落ちたところより希望に近い所でした!
みちさんが言っていたとおり、
他の会社に落ちて良かったと思えました!!
諦めないで良かった。」

と嬉しそうにお話しくださいました。
私もとても嬉しかったです。
S様のご活躍が目に見える様です!おめでとうございます!


さて、今回は
S様の「他の会社に落ちて良かったと思えた」
というところにスポットをあてたいと思います。

私たちは
今の自分にとって良いと思えない出来事が発生すると
過去の選択を後悔し自分を卑下したり、他人を責めたりします。

何故そうしてしまうのでしょうか?
他の選択肢の方が良かったと思うからですよね。
殆どの場合
他の選択肢の方が良いということは不明確です。
そちらを選んでいないということは、
その選択肢を選んでどんな事になるのか?ということは絶対に分からないからです。
しかし、
あの選択肢を選んでおけば…
こうはならなかった、もっとこうなったのに、もっと楽だったのに等

と、思ってしまいます。
そうなのです。
私たちは、選ばなかった選択肢が今よりも悪い結果を生むとは思わない
「そちらの方が良いに違いない」としか思わないから後悔するのです。

もちろん、
確実に自分の選択が悪かったということもあるでしょう。
その場合は、
「そうか、こちらの選択肢はだめか」という確認ができたということです。
もう一度選択し直せばいいだけです。


自分の選択がその時の最善であり、今の結果が最善
ということです。
S様のように
「あの会社に落ちて良かった」という未来に変わる可能性があるのです。

ですので、
自分の選択が間違った、上手くいかない結果が出た場合でも
その結果のさらに先に自分は何を求めるのかを定め、一歩でも踏み出しましょう。
そうすることで
未来を求めるように変化させることができます。
そんな未来が楽しみになりませんか?

コーチング個別ki


人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ