キャリア・自分 デザインコーチング

栃木県宇都宮市で企業(法人)向けコーチング、個人の方向けのコーチングをしている「コーチ みち」のブログです。 キャリアデザインコーチ、キャリアデザインコーチング、自分デザインコーチ、自分デザインコーチング、みち、高橋みち、コーチング、コーチ、ビジネスコーチング、仕事の悩み、人間関係、身体の不調

カテゴリ:◆コーチングを活かす > ┗マインドの使い方

私たちは、日々『気分(感情)』が上下しており
生物学上にみても、
波があるのは当たり前でもあります。
OIHDM30 (640x640)
もちろん私も日々上下していますし、
「落ちてるな」と思うこともあります。
ですが、コーチングや脳の仕組みを知ったことで、
下げ幅が少なかったり
下がっても直ぐに戻せたり
そもそも簡単に下がらなく
なりました。

そのポイントは、
下がることに敏感になった
からだと思っています。
簡単にいえば、
小さなモヤッや違和感を放っておかない
ようにしているということです。


私たちは小さな頃から
我慢することや気持ちをおさこむように
教育されてきました。
それが出来ないと
出来ない子のレッテルを貼られてしまうからです。

そのレッテルを貼られないように
周りと同じように、変わったことをしないように・・・
多少なりとも
自分を押し殺し、演じ、合わせるようになりました。

ですので、
相手の気持ちの変化には敏感でも
自分の気持ちには鈍感になり易い

のではないかと私は思っています。

自分の気持ちを置き去りにして
他人に合わせてばかりいると、
自分の事が分からなくなってしまうと思います。
自分は何を求めているのかよりも皆が求めているもの
自分はどうしたいのかよりも皆と同じように
自分はどうしていきたいのかよりも皆はどうするのか

皆と同じものを得て
欲しいモノを手にしたような気がしているだけです。
本当に自分が欲しいモノは手に入っていない。
だからこそ
欠乏感、不足感、楽しくない、気分が上がらない等の
気持ちが出るのではないでしょうか。



人気ブログランキングへ

私が企業でコーチングをさせて頂くときや
セミナー等をする場合には
一番最初に
何かを失敗したとしても
ご自身で「あーまたやってしまった」や
「どうして自分はいつもこうなんだろう」など
思わないでください!
と、お願いしています。

失敗した自分を否定するのではなく、
「今回は失敗したけど、これからの自分は違う!」

と思っていただきたいからです。

ご自分を否定することは
なにも良いことはありません!

なぜ失敗したのか?という
原因を解明する(知っておく)ことが必要な場合もあります。
が、
否定はどんなときも必要ありません
1430
必要なのは
「これからの自分は違う!」
というマインド



人気ブログランキングへ

今回は「朝令暮改」について

「朝令暮改」を調べてみますと、
命令や政令などが頻繁に変更されて、一定しないこと。
朝出した命令が夕方にはもう改められるという意から。

確かに、政令(内閣が制定する命令)がころころ変わってしまっては混乱がおきます。



ですが、
これを会社で考えた時、プラスの側面が出てきます。
1つの事に固執し、柔軟に変化できないということは
ビジネスではマイナスとなりうるからです。
OE5NUF0
例えば、「上司の指示が変わりやすくてイライラしてしまう」という場合

その上司(部長、社長等)は、
自分より高い役職であるため得る情報が多いです。
さらに、高い視点でみているから、
アイデアが浮かんだり、問題の解決方法が分かったりします。
高い視点でみていると、いち早く危機を察知して回避するようになるため
問題や危機自体に遭遇しなくなります。

このように、
自分の知らない情報等を踏まえ、指示を変えていることも多いのです。

ですので、
「この上司は指示がコロコロ変わってついていけない(ダメな人)」という見方をする前に
指示を変えた理由があるのだな」とみる事もできます。


それでも納得がいかないという場合は、
自分がその役職であったときどう考え動くか?を考えてみるのはいかがでしょう。
相手の気持ちを考えるのではありません。

自分が部長だったら、社長だったらどうするか
そして、新入社員だったら、パートタイマーだったら
さらに、総務、経理、営業等、他の部署(業務)だったら
色んな目線をもってみることで、あなたの考えや動きは格段に変わっていくはずです。



人気ブログランキングへ

今回は、『失敗』という出来事の捉え方について
715

一言でいってしまえば、
失敗は恐れるものではありません。

失敗とは、
自分が求める未来への経由の1つ
という事は、以前にも書いたことがありますが


どういうことかといいますと・・・

私たちの「欲しい未来」への道はいくつもあり、
(今回失敗した)その道では無かったということが分かっただけです。

求める未来へ道の1つが候補から消えた
だけですので
次の道を進めば良い


そう思えば、失敗することは怖くなくなりませんか?

私達に『失敗』という言葉はいりません。
その出来事は、
「その道は違う」というお知らせに過ぎないのです。


人気ブログランキングへ

今日は、
コーチング関連資料を作成していて思ったことを


コーチングを
トレーニングとか知識習得のように感じ、
他の自己啓発と一緒にされることが多いのですが
足すことではないのです。

実は
引いていく作業が一番重要です。


何を引いていくのかというと、
これまで培ってきた
「自分はこういう人間」という思い込み
です。

自分はこういう人間だから、会社でこの立場
自分はこういう人間だから、この業績
自分はこういう人間だから・・・


「自分はこういう人間だから」に囚われることは、
これまでの過去(経験)以上の自分にはなれないという事であり、
新たなモノ(未来、自分、情報 等)を受け入れないと決めているのと同じです。

これまでと違う新たなモノを受け入れることで、
「これまでと違う自分」になるのではないでしょうか?
OCIFAO0

ぜひコーチングを使って「必要のないモノ」を取り除き
過去の自分が予想もしていなかった自分を見つけていただきたいと思います。

あなたにはその力があるのですから



人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ