キャリア・自分 デザインコーチング

栃木県宇都宮市で企業(法人)向けコーチング、個人の方向けのコーチングをしている「コーチ みち」のブログです。 キャリアデザインコーチ、キャリアデザインコーチング、自分デザインコーチ、自分デザインコーチング、みち、高橋みち、コーチング、コーチ、ビジネスコーチング、仕事の悩み、人間関係、身体の不調

カテゴリ:◆コーチングを活かす > ┗カラダとココロを整える

前回アップした「五月病の対処法」は、
自分の居場所を設定するゴールの話でした。
実は五月病を脳科学からみますと
脳内物質が変わってくるタイミングなので
不安定になるのは当たり前だそうです。
ですので、
この時期に「なんか最近おかしいなぁ」と思ったら
「生理現象だから仕方がないな」と
不調を認めてあげるのも効果的だと思います。
無理をするのはオススメしませんが
うつうつした気分は嫌!という場合は、
今回の
日々の気持ちを整える
「気分をあげる習慣」も参考にしていただければと思います。


私も使っている方法のいくつかをご紹介します。
朝日を浴びる
深い呼吸をする
早く寝る
チャージスポットをつくる
お気に入りアイテムをもつ
夜に悩まない
目新しいものではありませんが、
効果は抜群です。
無理に全部をやろうとせず
出来るときに(やりたい時に)やってみてはいかがでしょう。


では、ひとつずつみていきましょう。
朝日を浴びる
こちらについては、

でも書いていますが、
太陽の光でセロトニン(幸せホルモン)の分泌が活性化されるからです。

深い呼吸をする
ゆっくりとした深い呼吸をすることで
副交感神経を刺激するといわれています。
「自律神経の乱れ」とよく聞きますが、
交感神経(緊張)と副交感神経(緩み)のバランスが崩れることを指します。
私たちは特に緩ませるのが苦手ですので、
ゆっくりとした深い呼吸で意識的に緩ませましょう。

早く寝る
肝臓は、夜1~3時が最大の回復時間です。
この時間帯に起きているとちゃんと回復できません。
その為、次の日に疲れが残ってしまいます。
また、脳にエネルギー源(ぶどう糖など)を供給しているのも肝臓です。
脳を動かすにも、肝臓が重要な役割を担っていたのですね!
このように肝臓は私たちが思っている以上に働きものです。
ぜひゆっくり休ませてあげましょう。

お気に入りアイテムをもつ
身近なものをお気に入りアイテムにするというのは、
それが目に入る、触る、香る、聴く、使うだけでテンションが上がるからです。
欲しくて欲しくて仕方がなかったものを手に入れ、
使っている時の喜びは大きいですよね。
そんな小さな喜び・幸せを身近にちりばめることで
気分がいい時間が増えて
いきます。
男性なら、ネクタイや靴、名刺入れ
女性なら、アクセサリーや下着、香水
に取り入れやすいかもしれませんね。
大切な人(尊敬する人)から貰った物なども良いアイテムだと思います。

私のお勧めは…
(オフィシャル)時計、ステーショナリー
➡いつも視界に入るし触るから
(プライベート)アロマ、部屋着など肌に触れるもの
➡嗅覚や触覚から気持ちよく

チャージスポットをつくる

神社仏閣等のパワースポットが流行った時期がありますが、
ご自分でパワースポットを作っていただきたいです。
家、部屋、車、ちょっとしたスペース、カフェ等
どこでもいいのです。
ここにくれば、
パワーチャージができる、癒される

という場所を作ってみて下さい。
もちろんその場所には、
お気に入りアイテムを準備してくださいね。

夜に悩まない
私たちは夜にネガティブになり易いといわれています
ですので、
夜(寝る前)に色々考えてしまう!という方は
「この時間は仕方がないなぁ」
と思って(否定しない)
深い呼吸をゆっくり繰り返したり、
自分の好きな物(音楽やアロマ)で
気分転換をするのがオススメです。
もし、眠れなくなってしまった!
という場合は
無理に眠ろうとせずに
「眠らなくてなくても大丈夫」と思いながら
ベットの中にいましょうね。
804 (640x427)
いかがでしょうか?
私も全部、毎日、使っている訳ではありません。
やらないとダメなのではなく、
やっていれば
気分が良い時間が増える
落ちても回復が早い
気分を回復するキッカケになる
から
使っています。

皆さんもオリジナルの「気分をあげる習慣」
見つけ出して
ご自分を整える時間と場所を
もっていただきたいと思っています。


コーチング個別ki


人気ブログランキングへ

キャリアデザインコーチのみちです。

 で
頑張り過ぎて疲れてしまったときに
やらなくていい事
無理に
①気持ちを切り替えようとすること
②プラスに考えようとすること
③今の辛さに意味づけをすること

の3つを上げました。
この3つは
疲れてしまったときだけでなく、
いつでも無理にやらなくていい事です。

では、何故やらなくていいのか?を
今回は取り上げたいと思います。

①気持ちを切り替えようとすること
「考える暇はない」等と考えないようにすることは
実は逆効果です。
考えないようにとすればするほど
そこに意識が集中し忘れられないのです。
そして
気持ちを切り替えられないということが、
更にご自分を責めることに繋がる可能性があります。
無理に気持ちを切り替えようとせず、
「辛い(嫌だ)」と思っているご自分を認めてしまいましょう。
認める事が抜け出すための第一歩になります。


②プラスに考えようとすること
ネガティブな時に
気持ちに蓋をして
無理にポジティブに考えようとすると
かえって苦しくなることもあります。
気持ちに蓋をすることは
ネガティブな気持ちを消すことではなく、溜めることです。
溜まったものは必ず出口を探すでしょう。
出てきてしまうものならば、溜める前に処理をしてしまいましょう。
何故その出来事をネガティブにとらえたのでしょうか。


③今の辛さに意味づけすること
意味づけするというのは
「あんなことが起きたのは、(多分)○○があったからだ
「あの人があんな風に言ったのは、(多分)○○だからだ


「なぜ仕事が出来ないのだろう」
➡「自分は皆よりダメだからだ
➡「何でダメなんだろう」
➡「○○だからだ


「今辛いのは、過去自分があんなことをしたからだ
など
事実ではないネガティブな多分そうだ
想像してを付け加えることです。
私たちには
ネガティブなもの程大きくするという脳の仕組みがありますので
放っておくと、どんどん大きくなってしまうのです。
どうせなら良い意味づけをしてしまいましょう!
あなたは今の辛さがどうなれば楽しいですか。
どうなれば心から笑えるでしょう。

OBC8JS0

キャリアデザインコーチ みち

≪お知らせ≫
こちらのブログのURLが変わりました。
新URL:http://design-coaching.blog.jp/
※これまでのURLでも開きます


人気ブログランキングへ

今回は
頑張り過ぎて疲れてしまった人の休み方 マインド編②です。
マインド編①と比べ、
ある程度疲れがとれてきたかな?という時期用です。
行動編はコチラ
マインド編①はコチラ

ある程度回復してきたら
どうしたらこの状況を改善することができるか?
を考えることもあると思います。
そのようなときは
「どう改善するか?」ではなく
「どのようになったら自分は嬉しいのか」
を考えていただきたいです。
同じように思えますが
主がどこにあるかで変わってきます。
主になるのは私たち自身です。
ですので、起こった出来事や状況を変えるのではなく
自分が求めるのはどのような未来なのか?というゴールを考えるのが先です。


さらに、
どうしても無理だと思うことがある場合
無理に解決する必要はありません。
解決する時期ではない時もあります。
ですので
「今はまだ解決する時期ではないから、ちょっとしまっておこう。」
という選択をすることもあっていいと思います。
未来の自分への宿題としてお任せしちゃいましょう。


また、
どうして自分はこんな思いをするのか?と思う時もありますよね。
そんな時は、
人生80年、こんな経験をするときもある
この経験が役に立つ
この経験により人の痛みが分かる人間になった
バージョンアップするために自分が選んだ 
自分自身や周りの環境などを責めることなく
この経験をした自分は、これまでよりパワーアップした!
と思うのはどうでしょうか。
辛い経験をしないとダメなのか?ということではなく、
「必要時に必要な経験をするんだな」と
軽やかに思うこともポイントになると思います。


今が辛いから未来も辛いということはありません。
あなたの欲しい未来(ゴール)を是非みてください。
未来のあなたはどんな風に輝いているでしょう。
この経験をしたことで、どんなあなたにパワーアップしたでしょう。
OGA3L00


ここ数回
カラダとココロの休め方として記事をあげてきました。
私はこれまでコーチング等をとおして
戦い続けている方
戦うことに疲れた方
頑張りが足りないと更に頑張り続けようとする方
休み方が分からない、休めないという方
無理をすることで自分を証明しようとする方
 など
沢山の方とお会いしてきました。

このような方は
ご自分や
周りの環境(人や仕事など)を責めて
しまっていいることがあります。
責めることで解決することは何もありません。
そのエネルギーを
「自分が欲しい未来」をみつけることに
使っていただきたいと思います。
そうすることで
出口がないように思える状況から
必ず抜け出すことができます。





人気ブログランキングへ

今回は
頑張り過ぎて疲れてしまった人の休み方 マインド編①です。
長くなってしまったので、2つに分けました。
行動編はコチラ

行動編を先に掲載したのは
疲れきっている時は何も考えず
「休息」が一番だからです。
まだちゃんと休めていないという方は、
マインド編にさらっと目を通しつつ
行動編もお役立てくださいね。


頑張り過ぎて疲れてしまったときに
やらなくていい事
無理に
①気持ちを切り替えようとすること
②プラスに考えようとすること
③今の辛さに意味づけをすること

です。
何故やらなくていいのかは別記事にまとめました。必要に応じご確認くださいね。
905-1
疲れてしまったご自分を否定せずに
「今、自分は落ちている」と認めてしまいましょう。
落ちることはあたり前
ネガティブな気持ちは悪いものではない
からです。
あなたが弱いからじゃない
あなたがダメだからじゃないのです。


やらなければいけないことはありません。
今、あなたが
「何をしたいのか?」
必要なのはこれだけです。
今の辛さに縛られることなく、
あなたの欲しい未来はどのような物ですか?
それを考えませんか。


人気ブログランキングへ

キャリアデザインコーチのみちです。

今回は先日掲載した
にも少し書いた
頑張り過ぎて疲れてしまった人の休み方について
まずは、身体と心を休める為の行動編です。


「もう疲れてしまった」という方は、何も考えず休みましょう。
と先日書きました。
でも、頑張り過ぎて疲れてしまった方だからこそ
力の抜き方が分からない
休む事なんてできない

なんて思うこともあると思います。

食べたいものを食べる
やりたいことをやる
行きたい所に行く
会いたい人にあう
眠りたければとことん眠る

「眠る」以外は休む事にならないと思うかもしれませんが、
やりたいことをやる事で
無駄にかかっていた身体の力が抜けていきます。
大好きで美味しいものを食べ終わったとき
満足感と共に身体の力は抜けていますよね。
さらに満足感を感じることで、余裕がでてきます。


続いて、
少しの時間でもいいので
朝から公園などに行ってぼーっとしていましょう。
そこでゆっくりとした深い呼吸を何度かしてください。
必要なのは
朝の太陽光を浴びることと、
たくさんの新鮮な空気をとり込む
こと
太陽の光でセロトニン(幸せホルモン)の分泌が活性化されますので、
日焼けに注意しつつ有り難く太陽の光をいただきましょう。

あとは
歩く(身体を動かす)事もいいといわれています。
頭がこんがらがっていたり、停止している時、考えをまとめたい時は
頭だけでなく身体も動かす方が
いい考えが思いつきやすいかったり
ネガティブな思考になりにくいです。
ODUDDV0 (640x427)

もし、食べたいものを食べたり、やりたいことをやるという事に
制限を感じているなら
その制限はなんでしょうか?

お金、時間、家族 等でしょうか?

もしお金なら、疲れきった身体(心)でこれからもお金を生み出すのは大変なことです。
もし時間なら、回復した身体(心)で有意義な時間を過ごしたほうがもっと楽しめます。
もし家族なら、あなたの明るい笑顔を見ている方が家族は幸せです。
まずはご自分を回復させましょう。

お金、時間、家族
とても大切なものだからこそ
元気なあなたに手にしてほしいと思います。



キャリアデザインコーチ みち


人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ